教育課程(カリキュラム)中学生の方へ宿泊研修・セミナー学科祭・研究発表会進路実績進路指導・キャリア教育外部イベント・体験活動大学・企業連携
遠隔講義情報教育研究フォーラムプログラミング講座(SPP講座)ロボット講座(SPP講座)気象センサー講座(SPP講座)統計的問題解決講座(SPP講座)植物工場講座(SPP講座)大学・地域連携大学見学大学とのネットワーク未来の科学者養成講座大学院生との連携
海外研修予約の要らない美術展過去のお知らせ情報理数科カレンダー高等学校産業教育フェア教育課程研究指定校事業アクセス

LiveE!気象センサー

あなたは835978人目です
千葉県立柏の葉高等学校千葉県立柏の葉高等学校
(ちばけんりつかしわのはこうとうがっこう)
 
〒277-0882
千葉県柏市柏の葉6−1
(地図powered by Google)
アクセス・周辺情報
TEL:04-7132-7521
FAX:04-7133-2435

※このWebサイトに関するリンク・ご質問等は、メールでお知らせください。

柏の葉高校サイトもご覧ください。

Google


WWW を検索
情報理数科サイトを検索

ログインは右上の「ログイン」からどうぞ!
本サイトは柏の葉高校情報理数科のサイトです。
柏の葉高校のサイトもご覧ください。

平成25年度 遠隔講義(テレビ会議システムを利用した高大連携講座)


平成25年度の活動の様子を紹介しています。

>>平成27年度の様子はH27年度の活動・様子のページをご覧ください
>>平成24年度の様子はH24年度の活動・様子のページをご覧ください
>>平成23年度の様子はH23年度の活動・様子のページをご覧ください
>>平成22年度の様子はH22年度の活動・様子のページをご覧ください
>>平成21年度の様子はH21年度の活動・様子のページをご覧ください

2013/5/14 第4回テレビ会議システムを利用した高大連携講座

第4回「テレビ会議システムを利用した高大連携講座」を実施しました講座の様子

 5月14日,「コンピュータウィルスとの戦い」というタイトルで講義をしていただきました。
 まずはじめに,2台のパソコンを使ってコンピュータウィルスのへが異例を実際に見せていただきました。実際のコンピュータウィルスを使って他人のパソコンを攻撃する側と,攻撃される側両方のパソコンの状態について丁寧に説明していただきました。コンピュータウィルスに対する個人レベルの防御法として現在推奨されている「ソフトウェアのアップデートを行う」ことや「FireWallを使う」,「ウィルス対策ソフトを使う」,「自分のパスワードを適切に管理する」等の対策を行った場合,これらがどの程度有効か,自分の目で実際に確認することができました。
講義の内容講座の様子
 そして,昨年起こったパソコン遠隔操作事件で,被害者のパソコンがどのような仕組みで遠隔操作されていたのか説明していただき,さらに,実際に2台のパソコンを使って再現していただきました。
 また,多くの人が利用している無線LANのセキュリティ設定についても学ぶことができました。
2台のパソコンを使って確認することができました攻撃する側のパソコン画面を注視する生徒とても分かりやすく説明していただきましたさまざまな被害例を紹介していただきました
 今回の講座は,情報を専門的に学ぶ生徒たちが,個人情報漏洩に対する危機感を持つことにつながり,さらに,それらを守るために何をすべきかということを真剣に考えるきっかになったようでした。

2013/4/23 第2回テレビ会議システムを利用した高大連携講座

第2回「テレビ会議システムを利用した高大連携講座」を実施しました講義の様子

 4月23日,第2回「テレビ会議システムを利用した高大連携講座」を実施しました。
 今日は,「情報のディジタル化~音のディジタル表現~」というタイトルで,講義していただきました。
 はじめに,情報のディジタル化について講義をしていただきました。コンピュータの中では,あらゆる情報が0と1を使った2進数で表されているということや音とはどのようにして発せられ,どのようにして聞こえてくるのかということについて学びました。
 次に,実際に自分たちの声をディジタル化してみよう,ということで実習を行いました。「WaveSpectra」という音をディジタル化するソフトを使い,マイクからパソコンに取り込んだ自分の声の波形を見ていきました。また,声の大きさや高さを変えて,波形の違いを確認しました。その後,「audacity」という音を録音,再生できるソフトを使い,音を波形の形でディジタルデータとして記録していきました。ディジタル化して記録した自分たちの声を聞いたとき,「いつも聞いている声と違う」と何人かの生徒は思っていたようでした。それは,自分が自分の声を聞いているときは,空気の振動の他に骨動音という頭蓋骨が揺れることで伝わってくる音を聞いているからだ,ということも丁寧に説明していただきました。
 最後に,音をディジタル化するAD変換,そして音を再生するDA変換について練習問題を交えて学習しました。
 実習中心の授業で,90分間,生徒たちは夢中になって取り組んでいました。
 次回は5月7日に行います。

全体の様子音について説明していただきました自分の声の波形を見てみました自分の声を録音・再生しました
録音した自分の声を聞いています
AD変換に関する練習問題練習問題を解いていきます楽しい講義ありがとうございました!

2013/4/16 第1回テレビ会議システムを利用した高大連携講座

第1回「テレビ会議システムを利用した高大連携講座」を実施しました

 4月16日から,TV会議システムを利用した高大連携講座が始まりました。連携先は東京情報大学で,今年度は7回の講座を予定しています。
 初回は,情報文化学科の小泉宣夫教授に『未来を拓く「情報」を学ぶ』というテーマで,情報というものの概念やその利便性,伝達の手段等について講義をしていただきました。
 生物が感覚という情報を用いて生命を維持していることや,植物が日照時間の情報をもとに開花する例を挙げていただき,情報というものの奥深さを感じました。
 また,SNS,ブログ,音楽配信サービス等の利用についてアンケートを取り,私たちの生活がいかに情報コミュニケーション技術に支えられているか,理解を深めました。
 情報伝達という部分では,音声や歌で情報を伝えていた時代から活字の時代,また現在のWeb社会の時代など,タイプライターやテープレコーダーなどの古いメディア機器を紹介しながら,進化する情報テクノロジーについて学びました。
 これから情報を学んでいく生徒にとって,今回は礎となる講座だったと思います。毎回テーマの異なる高大連携講座を通して,今後も様々なことを吸収してほしいと思います。
 次回は4月23日,『情報のディジタル化~音のディジタル表現~』について講義をしていただきます。