教育課程(カリキュラム)中学生の方へ宿泊研修・セミナー学科祭・研究発表会進路実績進路指導・キャリア教育外部イベント・体験活動大学・企業連携海外研修予約の要らない美術展過去のお知らせ情報理数科カレンダー高等学校産業教育フェア教育課程研究指定校事業アクセス

LiveE!気象センサー

あなたは803816人目です
千葉県立柏の葉高等学校千葉県立柏の葉高等学校
(ちばけんりつかしわのはこうとうがっこう)
 
〒277-0882
千葉県柏市柏の葉6−1
(地図powered by Google)
アクセス・周辺情報
TEL:04-7132-7521
FAX:04-7133-2435

※このWebサイトに関するリンク・ご質問等は、メールでお知らせください。

柏の葉高校サイトもご覧ください。

Google


WWW を検索
情報理数科サイトを検索

ログインは右上の「ログイン」からどうぞ!
本サイトは柏の葉高校情報理数科のサイトです。
柏の葉高校のサイトもご覧ください。

集合写真第8回情報理数科研究発表会


実施日:平成27年3月14日(土)
レポート作成:記録係

 3月14日に,第8回情報理数科研究発表会を開催しました。情報理数科研究発表会は情報理数科での1年間の授業や研究などの成果発表を行う場として毎年実施されています。保護者や大学の先生など,多くの方々にお越しいただき,それぞれの発表に対して大変貴重なアドバイスをいただきました。1年生は主に発表会の準備や運営を担当し,上級生は発表内容に力を入れ,生徒が一丸となって実施することができました。

第1部 オーラルセッション

全学年の代表者が,授業で取り組んできた研究の成果を発表しました。

※以下パンフレットより抜粋


・バーチャルリアリティ技術の教育分野への活用について(1年)

 私は,バーチャルリアリティ技術について調べ,その活用について検討しました。バーチャルリアリティ技術は,現在主にゲーム分野で活用されており,さまざまな分野での活用が模索されています。その中でも,私は教育分野での活用について考察しました。バーチャルリアリティ技術はまだまだ研究段階の技術ですが,今後大きく発展していく可能性を秘めていると思うので,引き続き研究していきたいと考えています。



・コンピュータウイルスからの自己防衛と「ウイルス予報」の必要性(1年)

 私は,最近被害が深刻化しつつあるコンピュータウイルスについて調べ,まとめました。コンピュータウイルスの具体的な被害などを紹介し,今後さらにコンピュータ技術やネットワーク技術が進化していく中で,コンピュータウイルスからの被害を防ぐにはどうしたらよいかを考えるとともに,「ウイルス予報」の必要性について発表したいと思います。



ドブガイを用いた水質浄化の研究(2年)

私たちは,ドブガイの水質浄化能力を研究しています。利根運河は水質の悪化により,生態系の単純化が進行しています。そこで利根運河に唯一いる二枚貝のドブガイに目をつけました。二枚貝には水質浄化能力があるので利根運河の水質を改善することができるのではないかと考えています。水槽を用いて利根運河の環境を再現し,COD 値を測定することで水質の経時的変化を観察しました。今後,新しい測定方法を用いて研究したいと思います。



・超音波センサを用いた自律走行車の研究(2年)

 私たちは,超音波センサとArduino というマイコンボードを用いて,自律走行の技術を研究しました。具体的には,超音波センサによって物体との距離を測定し,そのデータを基にモータを制御するという自律走行の仕組みを考えました。更に,この技術を利用し,自作のコースを走破する自律走行車を製作しました。実際にコースを設置し走らせるので,ぜひ見に来てください。




・イントラネットを利用した防犯カメラシステムの構築(3年)

 私たちは,防犯カメラの研究をしています。Raspberry Pi というシングルボードコンピューターとカメラモジュールを使い,画像を撮影します。撮影した画像はサーバーであるノートパソコンに保存し,イントラネットに接続したパソコンで確認できるようにしました。また,撮影した画像の中から物が紛失したときの画像を簡単に見つけるために,プログラムの開発を行いました。今後,実用化に向けて研究を続けていきたいと思います。

第2部 ポスターセッション

授業や講座,コンテストの成果について,ポスターや成果物の展示を行い,各発表場所で発表者が詳しく説明しました。

※以下パンフレットより抜粋






・NFCを利用したウォークラリーアプリ作成(3年)

 私たちは,NFC を利用したウォークラリーアプリ作成に取り組みました。Suica PASMO のように近距離で無線通信をすることができるNFC を使用することで,学校内に関するクイズを解きながら校内を散策し,学校について楽しく知ってもらうウォークラリーアプリを作成しました。ウォークラリーアプリの他にもNFC を利用したアプリを展示しているので,ぜひ来てください。


自然な会話をする人工無脳の研究(3年)

私は,人工無脳の研究に取り組んでいます。人工無脳とは,人との会話をすることができるプログラムのことです。ユーザとの自然な会話を実現するために,会話の話題を考慮した上での,返答を作成することが必要だと考え,会話の話題判別に関する研究を行いました。話題判別の精度を向上させ,人と人工無脳との自然な会話を実現させることを目指しました。



気象情報を可視化するアプリケーション開発(2年)

 私はLive E! API Google Maps API を使って,本校の気象情報を地図上に表示するWebアプリケーションを開発しました。この開発は先輩の作品を元にしており,現在は仕組みを理解することで精一杯ですが,少しずつ違いを加えて自分なりに作成しました。今後の追加機能なども考えていますので興味のある方はぜひ来てください。また,このアプリケーションについてのご意見があれば,参考にさせていただきたいです。


Cordova を用いたTwitter クライアントアプリの開発(2年)

 私たちは,Twitter クライアントアプリを開発しました。マルチプラットフォーム開発フレームワークのCordova を用いることで,Web ページを作る時などに使う,HTML CSSJavaScript で記述しました。様々なOS 上で動くアプリケーションを目指し,マテリアルデザインという新しいデザインも盛り込んでいます。



Git Redmineを利用したプロジェクト管理システムの構築(2年)

 私たちはチームでのプログラム作成をサポートするシステムの構築に取り組みました。ソースコードの変更内容を管理することができる「Git」と各自の作業分担等をWeb ページ上で管理することのできる「Redmine」の2つを利用してサーバーの構築をしました。まだ未完成ですが、現在までの成果についての展示をします。



Android アプリ開発(2年)

 僕たちはAndroid アプリを作成しました。ボタン操作による視点変更をしながら謎を解いて脱出するゲームと,単純な計算ができる電卓のアプリを作りました。実際に端末にインストールして試行ができるので,是非見に来てください。



イントラネットを利用した防犯カメラシステムの構築(3年)

※オーラルセッションと詳細は同じです。


英単語クイズアプリ(システム構築班)(2年)

 私たちは英単語アプリケーションの開発に取り組みました。システム構築班とWEB デザイン班に分かれ,私たちはシステム構築班として開発に取り組みました。XAMPP 環境下で,PHP 言語を用いて多様な端末から利用できるようなアプリケーションを目指し開発しました。実際に作製したアプリケーションも展示しているので是非見に来てください。


英単語クイズアプリ(Web デザイン班)(2年)

 私たちの班は,クイズアプリのデザインの作成に取り組みました。HTML CSS の学習から始め,スマートフォンとPC のどちらからでも使えるように,スマートフォン版とPC 版の二通りのデザインをそれぞれ分かれて作成しました。今日はデザインをどのように作ったか,またそのデザインを作るにあたって,どのような課題があり,それをどのように解決していったかなどを発表します。



紹介動画の作成を通じたモーショングラフィックスの学習(2年)

 感覚的な情報伝達を利用した柏の葉高校についての紹介動画を,無料動画作成ソフトの「AviUtl」を用いて作成しました。公式サイトやパンフレットを元に情報を収集し,ナレーションや動きを加えることでわかりやすく説明しています。メンバーは2 人いて,それぞれ異なった趣向の動画となっているので,楽しんでいただけたら幸いです。



巨大ファイルを扱えるテキストエディタの作成(2年)

 私は巨大なファイルを扱えることを目的として,テキストエディタを作成しました。最初にWindows API を用いて簡単なエディタを作成しましたが,そのエディタの読み込めるデータ量が制限されていたので,どうしたらその制限を解決できるかを研究しました。発表では研究の成果と私の作ったエディタで実演したいと思います。Windows アプリケーションに興味のある人もぜひ来てください。


顔認識をして動くロボットの製作(2年)

私たちは,顔認識をして動くロボットの研究,製作をしています。製作するロボットの動きは顔認識をし,その情報をもとに動きます。そのため,私たちはまず顔認識の動きの理解を第一目標とし,顔認識のプログラムに使われるC 言語を習得しました。続いて,プログラムで使われる関数を理解しながら,プログラム全文の解読を行いました。



高大連携ロボット講座(1年)

私たちは高大連携ロボット講座に参加しました。夏休みからヒューマノイド型ロボットとアニマル型ロボットに分かれて製作を開始しました。日本大学理工学部の方々に教えていただき,ロボットを組み立てたり,プログラムを組んだりしました。今日の発表ではポスターでロボット講座などのことについて説明します。ぜひ見に来てください!!!


・超音波センサを用いた自律走行車の研究(2年)

※オーラルセッションと詳細は同じです。



Twitter を利用した統計処理の試み(2年)

 私たちは,Twitter に投稿されるツイートから『雨』に関するツイートを分析して統計を取りました。雨が降った日は『雨』に関連するツイートが増え,降水量によってツイート数に変化がみられると考えました。そのデータをまとめて降水量とツイートにどう関係があるか調べました。統計に興味のある方,そうでない方も是非お越しください。


・ドブガイを用いた水質浄化の研究(2年)

※オーラルセッションと詳細は同じです。


・身近な食物による抗菌作用の検証(2年)

私たちは,身近な食物による抗菌作用の研究をしています。お茶のカテキンやハチミツなどの抗菌作用に興味を持ちました。身近にある7種の食材から水溶液を作成し,それぞれを撒布した培地を用意しました。納豆菌を標的とし培地に撒き,生育したコロニー数を計測し比較実験をしました。今回の結果から身近なものを応用して活用できるものができればいいなと思います。



デザインは人にどのような印象を与えるか(2年)

私は, デザインは人にどのような印象を与えるかについて研究しました。色が人に与える印象についてやどのような形が人の印象に残るかなどを研究し, デザインの例を挙げてそ

れを考察し, それらを元に商品のパッケージを自分でデザインしました。色や文字のフォントの違いでどのように印象が変わるのかについてわかりやすいように作ったので, 良ければ見に来てください。


流山市内の施設や観光地を直感的に探せる「ゆるキャラなび」の作成(1年)

流山市のオープンデータを用いて,公園や観光スポットを探すことのできるアプリケーションを作成しました。特徴はAR(拡張現実)技術を使うことで直感的に探せること,スタンプラリー形式にすることで楽しく流山を観光できることです。この作品は1 月に行われた第2 回流山市アプリコンテストで入賞をいただきました。

 

Web アクセシビリティについての考察(2年)

私は,「アクセシビリティ」について学び,そこからWeb 上のアクセシビリティを考察しました。どのような人が情報化社会で不自由を感じているのか,それにどのような対策ができるのか,アクセシビリティを考慮し実際に採用されている対策や,自分なりの対策を考えました。この研究を通して,日常生活の中で私たちが意識を向けないところにも,アクセシビリティを考慮した対策が施されていることに気付き,日常生活の中からも学べることがあると感じました。