教育課程(カリキュラム)中学生の方へ宿泊研修・セミナー学科祭・研究発表会進路実績進路指導・キャリア教育外部イベント・体験活動大学・企業連携
遠隔講義情報教育研究フォーラムプログラミング講座(SPP講座)ロボット講座(SPP講座)気象センサー講座(SPP講座)統計的問題解決講座(SPP講座)植物工場講座(SPP講座)大学・地域連携大学見学大学とのネットワーク未来の科学者養成講座大学院生との連携
海外研修予約の要らない美術展過去のお知らせ情報理数科カレンダー高等学校産業教育フェア教育課程研究指定校事業アクセス

LiveE!気象センサー

あなたは779050人目です
千葉県立柏の葉高等学校千葉県立柏の葉高等学校
(ちばけんりつかしわのはこうとうがっこう)
 
〒277-0882
千葉県柏市柏の葉6−1
(地図powered by Google)
アクセス・周辺情報
TEL:04-7132-7521
FAX:04-7133-2435

※このWebサイトに関するリンク・ご質問等は、メールでお知らせください。

柏の葉高校サイトもご覧ください。

Google


WWW を検索
情報理数科サイトを検索

ログインは右上の「ログイン」からどうぞ!
本サイトは柏の葉高校情報理数科のサイトです。
柏の葉高校のサイトもご覧ください。

平成28年度 ロボット講座


平成27年度の活動の様子を紹介しています。

>>平成27年度の様子はH27年度の活動・様子のページをご覧ください
>>平成26年度の様子はH26年度の活動・様子のページをご覧ください
>>平成25年度の様子はH25年度の活動・様子のページをご覧ください
>>平成24年度の様子はH24年度の活動・様子のページをご覧ください
>>平成23年度の様子はH23年度の活動・様子のページをご覧ください
>>平成22年度の様子はH22年度の活動・様子のページをご覧ください
>>平成21年度の様子はH21年度の活動・様子のページをご覧ください 

2016/10/26 第3回ロボット講座

第3回ロボット講座を実施しました

 10月26日(水)に第3回の高大連携ロボット講座を実施いたしました。今回も引き続き,コンテスト用のアニマル型ロボット,ヒューマノイド型ロボット,CADソフトを使ってのパーツ作成の班に分かれて作業をすすめました。
 日本大学ロボットコンテストが間近に迫り,コンテスト用のロボットを作成する班には緊張感が見えてきました。一つ一つの動きを班員全員で確認しながらプログラムを作り,完成に近づけていきました。
 アニマル型ロボットの班は,ロボットに犬の外装パーツを付ける作業と,ロボットの動きのプログラミングを行いました。ロボットを組み立てるのに使うネジはとても小さく数も多いので,取り扱いに苦戦している姿も見られました。
 ヒューマノイド型ロボットの班は,プログラミング作業を中心に行いました。動作のプログラムを作っては動かし,率直な感想を出すことを繰り返していきました。改善点を見つけた場合は,どう変えるかなどを班全員で積極的に話し合いをしていました。
 研究発表会でのデモンストレーション担当の班は,CADソフトでパーツを作成していきました。自分の作業が行き詰まると,他の班員に助けを求めたり,教えあいながらこつこつと作り上げていきました。そして講座の終了までにロボットのパーツの作成を完了させることができました。
 ロボットコンテストまでもう少しです。自信をもってコンテストに臨めるよう,最後までロボット作成に力を入れていきたいです。

2016/7/20 第2回ロボット講座

第2回ロボット講座を実施しました

 1,2年生がロボットコンテストに向けてどのようなロボットを作りたいか,自分たちのアイディアを出し合い,日本大学の研究室の大学院生・学部生の方々に来ていただき,助言をもらいながら作業をすすめました。
 外装デザインの担当は,更にアニマル型とヒューマノイド型に分かれ,絵をかいてアイディアを出し合ったり,終始活発に意見交換をしていました。アニマル型では,動物や虫など,本物に近い動きを出したいということで,手足のバランスや関節の位置など,熱心に話し合いがすすんでいました。ヒューマノイド型は,本校で過去に製作したロボットを実際に触りながら,取り入れてみたい外装やパーツ,動きなど,細部にわたり生徒それぞれが積極的に意見を出していました。
 パーツ設計の担当は,前回学んだ3D CADを使い,情報理数科研究発表会で発表するロボットの部品をひとつひとつ設計していきました。難しい作業ですが,完成するととても嬉しそうでした。

2016/6/23 第1回ロボット講座

第1回ロボット講座を実施しました

 高藤先生には,講座の導入として自動化技術や先端技術の新しい展開などのお話をしていただきました。研究室の大学院生・学部生の方々も来てくださり,参加した1,2年生の生徒たちはとても興味深くお話を聞いていました。
 講座では,受講者を2つのグループに分けて,情報理数科実習室と情報理数科PC室でそれぞれの内容を行いました。
 実習室では,実際にロボットを見たり触れたりしながら,サーボモーターやネジの説明を受けたり仕組みを教えていただいたりしました。その後,専用のソフトウェアを利用してロボットのモーションを決定している方法を学びました。
 情報理数科PC室ではロボットの設計図を書くために使う3D CADについて学びました。実際にインストールするところから始め,線の描画,伸縮,文字の記入や消去の方法を学んだあと,実際にロボットの金属パーツ部分を設計する作業をしました。
 第2回の講座では,第1回と受講するグループを入れ替えてどちらの内容も学べるような方式としました。
 次回の講座からいよいよ自分たちのロボット設計に入ります。講座の総仕上げである中学校・高校交流ロボットコンテストに向けて,一生懸命取り組んでほしいと思います。