教育課程(カリキュラム)中学生の方へ宿泊研修・セミナー学科祭・研究発表会進路実績進路指導・キャリア教育外部イベント・体験活動大学・企業連携海外研修予約の要らない美術展過去のお知らせ情報理数科カレンダー高等学校産業教育フェア教育課程研究指定校事業アクセス

LiveE!気象センサー

あなたは810995人目です
千葉県立柏の葉高等学校千葉県立柏の葉高等学校
(ちばけんりつかしわのはこうとうがっこう)
 
〒277-0882
千葉県柏市柏の葉6−1
(地図powered by Google)
アクセス・周辺情報
TEL:04-7132-7521
FAX:04-7133-2435

※このWebサイトに関するリンク・ご質問等は、メールでお知らせください。

柏の葉高校サイトもご覧ください。

Google


WWW を検索
情報理数科サイトを検索

ログインは右上の「ログイン」からどうぞ!
本サイトは柏の葉高校情報理数科のサイトです。
柏の葉高校のサイトもご覧ください。

千葉県・全国産業教育フェアへの参加


 「千葉県高等学校産業教育フェア」では,県内の産業教育関係校の生徒の作品や活動等を発表しています。工業高校のロボット相撲のイベントや,商業高校の学校で開発した商品の販売など,専門高校で学ぶ生徒たちが生き生きと発表を行っています。
 本校も情報に関する専門高校として,平成20年度より参加し,学科の紹介,生徒が作成したプログラムや高大連携で取り組んでいるロボットの展示などを行っています。

2014/10/11 千葉県高等学校産業教育フェア

千葉県高等学校産業教育フェアに参加しました

 10月11日~12日,イオンモール幕張新都心において千葉県高等学校産業教育フェアが行われました。本校は,千葉県初の情報の専門学科である「情報理数科」を有する高校として参加しました。
 2日間,各専門学科の日頃の取組を展示・発表しましたが,12日の日曜日には「キッズタウン」というイベントも実施しました。キッズタウンには,事前に申し込みのあった小学生のみが参加できるようになっており,参加者は各専門学科のブースで仕事をして得たお給料(仮想通貨「チーバ」)と引き替えに,各専門学科の体験やものづくりに参加できたり,専門学科で作った食品等を購入できるという仕組みとなっています。
 本校では,小学生を対象に,生徒が作成したプログラミング作品を体験してもらうブースを作りました。仕事として参加した小学生には,ブースに訪れた人の受付や呼び込みなどをしてもらい,どの子も一生懸命に仕事をしていました。また,プログラミング作品を体験しに来た小学生は,とても楽しそうにしており,中には何度も訪れる子もいました。手伝いとして参加してくれた本校1年生3名は,訪れた小学生や保護者の方などに,とても丁寧に対応していました。
 このイベントを通じて,大勢の方に「情報科」を知っていただき,興味を持ってもらえたのではないかと思います。

     

    

2011/8/26 千葉県高等学校産業教育フェア

千葉県高等学校産業教育フェアに参加しました産業教育フェアの様子

 8月26日~28日,千葉県立現代産業科学館において「千葉県高等学校産業教育フェア~専門のまなびってどんなもの 見て,触れて,体験しよう!~」が行われました。本校は,千葉県初の情報の専門学科である「情報理数科」を有する高校として参加しました。
 情報科ブースでは,学校紹介パネルの展示,生徒のプログラム作品の展示,ヒューマノイド型ロボットの実演,LANケーブル作成体験などを行いました。また,今年から行われた「たいけんのまち2011」では,自分の顔写真入りの缶バッチの作成を子どもたちに体験してもらいました。

<26日>
 今日は,情報理数科の代表生徒3名が手伝いに来てくれました。展示ブースでは,ヒューマノイド型ロボットの実演が子どもたちの興味をひいていました。リモコン操作が可能なロボットも展示しており,子どもたちにも簡単に操作してもらうことができました。プログラム作品の体験も,Wiiリモコンでの操作が可能だったこともあり,操作がシンプルで分かりやすく,子どもたちには大変人気でした。生徒が熱心に説明してくれて,多くの来場者の方が本校の取組に興味を持ってくださいました。
 今年度からの企画である「たいけんのまち2011」では,缶バッチ屋さんの職業体験コーナーを出店し,午前中にリハーサルをして,午後から実際に子どもたちに缶バッチ屋さんの体験をしていただきました。半日だけで「たいけんのまち」全体では120名ほどの参加者があり,缶バッチ屋さんでも40名ほどが缶バッチ作りを体験しました。終了間際には,いろいろな場所でお給料としてもらった仮想通貨「チーバ」を使って缶バッチを買って帰ろうという子どももたくさんいました。
平日にも関わらず,多くの方にお越しいただきました1年生がとても頑張ってくれました「たいけんのまち」の様子チバテレビの取材中
<27日>
 今日は,情報理数科の代表生徒5名が手伝いに来てくれました。
 今日は「たいけんのまち」がメインとなり,缶バッチ屋さんでは体験希望の子どもが絶えず,機会の台数の都合上,残念ながら待ってもらう場面がありました。親子連れで来場された人は,子どもが作成した顔写真入りの缶バッチをとても喜んでくれていたようでした。
 展示ブースでは,多くの来場者の方がプログラム作品に興味を持って夢中で体験してくれていました。
手伝いに来てくれた生徒です缶バッチ屋さんは今日も大盛況でした思い出の缶バッチになったでしょうかパソコンの操作はさすがに難しかったようです
<28日>
 今日は,情報理数科の代表生徒6名が手伝いに来てくれました。展示ブースでは,ヒューマノイド型ロボットの実演,プログラム作品が子どもたちの興味を引いていました。生徒も積極的に来場者の方の質問に答えてくれて,「しっかりしていますね」お褒めの言葉をいただきました。
 カレンダー作成は,本日のみ行いました。写真を入れることができたため,ご家族で一緒に写真を撮られるかたや「おじいちゃんおばあちゃんに送ってあげたい」という方などに,大変人気がありました。
ロボットが大変人気でしたプログラム作品も人気でした操作方法を教えることにも慣れてきました「勝てるまでやる!」と言っていました
<生徒の様子>
 今年は,1,2年生が6名参加してくれました。展示ブースや「たいけんのまち」を手伝いながら,他の専門学科のブースを訪れていました。
 初日に行われた家庭科のファッションショーでは,本格的な衣装や演出に大変驚いていました。2日目は,お土産にと,農業科で販売されていたジャムを買って帰ったり,動物と触れ合ったりしていました。3日目は,看護科のブースで血圧を測ったり,工業科のブースでプラバンキーホルダー作りを体験したりしていました。
 他の専門学科の高校生とも交流を持つことができ,大変貴重な時間を過ごしていたようでした。
説明書をしっかり確認してます家庭科のファッションショー,とてもきれいでした水上バイクにも乗ることができましたカキ氷作りに挑戦しましたロボットでサッカー対決

お知らせ 2010/8/27

千葉県高等学校産業教育フェアに参加!千葉県産業教育フェアに参加しました


 8月27~29日に千葉県立現代産業科学館において「千葉県産業教育フェア~見て・触れて・楽しんで・感じる産業教育~」が行われました。昨年に引き続き,今年も千葉県初の情報の専門学科を有する高校としてこのフェアに参加しました。
 私たちの情報科ブースでは,学校紹介パネルの展示の他,生徒のプログラム作品の展示,ヒューマノイド型ロボットの実演などを行い,日ごろの学習の様子を紹介しました。また,イベントとして写真入りカレンダーの作成やネットワークケーブル作成体験なども行いました。
情報科ブースの様子1情報科ブースの様子2情報科ブースの様子3

<27日>
 初日はスタンプラリーでブースを訪れる来場者が多く見られました。親子連れが多く,子供たちは生徒のプログラム作品に興味を示していました。ブロック崩しやイライラ棒など分かりやすい内容のものが多く,Wiiリモコンでも操作可能な作品であったため,小学校低学年の子どもや就学前の子どもたちにも親しみやすく楽しんでもらえたようです。
プログラム作品に夢中ロボットに驚いていましたダンボールのウクレレから音が出ることに興味津々でしたすぐにコツをつかんだようでした来賓の方々にも大変興味をもっていただきました

<28日>
 今日は情報理数科の代表生徒5名とともに展示を行いました。昨日同様親子連れが多く,子どもたちは生徒もプログラム作品に夢中になっていました。特に今日は,生徒たちがしっかり説明をしてくれたため,大人の方もプログラム作品に興味を持ってくださいました。また,写真入カレンダーも,生徒たちが積極的に声をかけてくれたおかげで,ブースを訪れた多くの来場者の方に作っていただきました。また,今日はゆめ半島千葉国体のキャラクター「チーバくん」も来場し,フェアを一段と盛り上げてくれました。
チーバくんが来場しました生徒が積極的に説明してくれましたプログラム作品が人気でした生徒もしっかり対応してくれていましたこの後本校の生徒もスタンプラリーに参加しました

<29日>
 今日も3名の代表生徒とともに展示を行いました。来場者はやはり親子連れが多く,プログラム作品が人気でしたが,ロボットに大変興味を持ってくださったご家族やネットワークケーブル作成をしていく小学生もいました。参加した生徒たちも昨日以上に積極的に来場者の方に声をかけて,情報理数科で自分たちが学んでいることを説明してくれました。後半の2日間は,生徒たちのおかげで来場者の方にも生徒目線で情報理数科のことを知ってもらえたのではないかと思いました。
ネットワークケーブルを一生懸命作成していました順番待ちです対応にも慣れてきましたロボットに興味を持ってくださいました水産科の水上オートバイに乗せていただきました

<参加生徒の様子>
 工業科の体験コーナーで「トンボ玉の製作実演」をやっており,本校生徒が情報理数科の展示の合間を縫ってトンボ玉ストラップ作成を体験してきました。バーナーの上でガラスを溶かし,きれいに丸い形を作り,他の色のガラスで模様をつける様子に生徒は見入っていました。福祉科の体験コーナーでは,電動車イスや電動セニアカーに試乗したり,点字で自分の名前を書いたりと,大変貴重な体験をすることができました。
 代表として参加した生徒たちは,同じ高校生が他の学科で立派にイベントに参加しているのを見て刺激を受け,さらに子どもから大人まで多くの方々に自分たちの学生生活や学習の様子を伝えることを体験し,一段と成長したように見えました。
トンボ玉ストラップを作成しました電動セニアカーに試乗しました電動車いすを体験しました動物とも触れ合いました工業科のロボット操作実演の様子

お知らせ 2009/8/30

産業教育フェアの様子

千葉県高等学校産業教育フェアに参加!

 
 千葉県内の産業関係学科高校による「千葉県高等学校産業教育フェア~見て・触れて・楽しんで、感じる産業教育~」が市川にある現代産業科学館において8/28~30に行われました。これは,千葉県内の産業関係学科高校の学習内容などの紹介を行い,産業教育の振興をはかるイベントです。このフェアに,千葉県初の情報の専門学科を有する高校として私たちも参加しました。
 
 展示室内は,学科ごと8つ(商業・工業・農業・水産・家庭・看護・福祉・情報)のブースにわかれています。それぞれの専門に関する紹介パネルや作品の展示,また体験コーナーなどが設けられ,来館者が楽しめるように様々な工夫がしてありました。
 私たちの「情報」ブースでは,LANケーブル作成体験・生徒作品のゲーム体験(昨年度高校生ソフトウェアコンテスト優秀賞)ができるコーナーを作り,写真入りカレンダーのプレゼントなども行いました。
 近隣のこどもたちが数多く訪れ,楽しんでいってくれていたようです。
 
ゲームを楽しむこどもたちの様子 ゲームをするこどもの様子 LANケーブル作成に興味を持つこども 水産のジェットスキーをお借りしてカレンダー用に記念撮影!