教育課程(カリキュラム)中学生の方へ宿泊研修・セミナー学科祭・研究発表会進路実績進路指導・キャリア教育外部イベント・体験活動大学・企業連携海外研修予約の要らない美術展過去のお知らせ情報理数科カレンダー高等学校産業教育フェア教育課程研究指定校事業アクセス

LiveE!気象センサー

あなたは793383人目です
千葉県立柏の葉高等学校千葉県立柏の葉高等学校
(ちばけんりつかしわのはこうとうがっこう)
 
〒277-0882
千葉県柏市柏の葉6−1
(地図powered by Google)
アクセス・周辺情報
TEL:04-7132-7521
FAX:04-7133-2435

※このWebサイトに関するリンク・ご質問等は、メールでお知らせください。

柏の葉高校サイトもご覧ください。

Google


WWW を検索
情報理数科サイトを検索

ログインは右上の「ログイン」からどうぞ!
本サイトは柏の葉高校情報理数科のサイトです。
柏の葉高校のサイトもご覧ください。

キャリア教育


 平成14年11月の国立教育政策研究所生徒指導研究センター調査研究報告書によれば,職業的(進路)発達にかかわる諸能力として以下の項目があげられています。
これらは,情報理数科で生徒に身に付けさせたいと考えている力と重なっています。
情報理数科での3年間をとおして,これらの力を身に付けさせるための取組を行っています。

人間関係形成能力

他者の個性を尊重し,自己の個性を発揮しながら,様々な人々とコミュニケーションを図り,協力・共同してものごとに取り組む。

 【自他の理解能力】

 自己理解を深め,他者の多様な個性を理解し,互いに認め合うことを大切にして行動していく能力

 【コミュニケーション能力】

 多様な集団・組織の中で,コミュニケーションや豊かな人間関係を築きながら,自己の成長を果たしていく能力

情報活用能力

学ぶこと・働くことの意義や役割及びその多様性を理解し,幅広く情報を活用して,自己の進路や生き方の選択に生かす。

 【情報収集・探索能力】

 進路や職業等に関する様々な情報を収集・探索するとともに,必要な情報を選択・活用し,自己の進路や生き方を考えていく能力

 【職業理解能力】

 様々な体験等を通して,学校で学ぶことと社会・職業生活との関連や,今しなければならないことなどを理解していく能力

将来設計能力

夢や希望を持って将来の生き方や生活を考え,社会の現実を踏まえながら,前向きに自己の将来を設計する。

 【役割把握・認識能力】

 生活・仕事上の多様な役割や意義及びその関連等を理解し,自己の果たすべき役割等についての認識を深めていく能力

 【計画実行能力】

 目標とすべき将来の生き方や進路を考え,それを実現するための進路計画を立て,実際の選択行動等で実行していく能力

意志決定能力

自らの意志と選択でよりよい選択・決定を行うとともに,その過程での課題や葛藤に積極的に取り組み克服する。

 【選択能力】

 様々な選択肢について比較検討したり,葛藤を克服したりして,主体的に判断し,自らにふさわしい選択・決定を行っていく能力

 【課題快活能力】

 意志決定に伴う責任を受け入れ,選択結果に適応するとともに,希望する進路の実現に向け,自ら課題を設定してその解決に取り組む能力



2011/11/29 中国研修説明会

中国研修説明会を実施しました中国研修案内

 11月29日,3月に行われる中国語研修の説明会を行いました。
 この研修は,昨年度から実施されており,今年で2回目となります。春休みの期間を利用して5泊6日で,西北工業大学・付属中等学校を訪問し,大学の授業見学,高校生との交流を深めます。目覚しい発展を遂げている中国で最先端のコンピュータ事情に触れたり,また,古代の首都として栄えた歴史ある街で多くの遺産・文化を見学し,学んだりすることができます。
 昨年参加した生徒からは,中国に興味を持てた,歴史を感じたと同時にすごいスピードで発展している中国を見て不思議な気分になったという感想も挙がりました。歴史や文化にも興味を持って研修に参加できた様子でした。
 なかなか経験できることではないので,この機会に多くの生徒に参加して欲しいと思います。
概要説明の様子参考資料を使った説明もありました昨年度の様子を写真で説明しました

2011/11/21 第8回中国語講座

第8回中国語講座を実施しました中国語講座の様子

 11月21日,第8回中国語講座を行いました。
 まず初めに中国語で点呼をしました。参加している生徒は点呼の仕方,自分の中国語での呼び方,返事の仕方まで困惑することなくスムーズに対応していました。
 そして,今まで発音重視だった授業が,こゆからは実践的な会話をメインにした内容にレベルアップしました。英語と中国語は文章の構成は良く似ていますが,中国語は順番に関して厳格でないそうです。先生も,大学で勉強をされていたときは,ただひたすら文章を読み続けていたとおっしゃっていました。
 また,先生が中国で実際に体験されたことや,大学時代の先生が体験されたこと,お茶の種類の話など,雑学的なお話もしていただきました。実際に中国に行った生徒も,興味がある1年生も,先生のお話に興味津々の様子でした。
点呼をしています声調について復習しています会話重視の授業が行われました
 次回は12月1日に行います。

2011/10/17 第5回中国語講座

第5回中国語講座を実施しました講座の様子

 10月17日,第5回中国語講座を行いました。
 今日は,前回学習した一声から四声の組み合わせによる声調の変化を,数の数え方で学習しました。今までの学習で覚えてきた数字を「一百」「一千」「一万」のように組み合わせたときの「一」の発音の変化を丁寧に教えていただきました。参加した生徒たちは,少しずつ難しくなっていく内容にも,意欲的に取り組んでいました。
 これからも,さらに内容は難しくなっていくと思いますが,楽しみながら学習を進めていって欲しいと思います。
学習内容をメモしています1年生も一生懸命です丁寧に説明をしていただきました

2011/10/6 第3回中国語講座

第3回中国語講座を実施しました


 10月6日,中国語講座の3回目を行いました。
 最初は,前回までの講座の復習をしました。初回の講座で,先生から,自分の名前の中国語読みを教えていただいたので,その名前で出席を取りました。名前が呼ばれた生徒は,「到(タオ)!」と元気よく返事をしました。
 次に,四声と呼ばれる声調と,母音の発音や発音記号を学びました。四声は,一声~四声まで,それぞれ独特のイントネーションがあります。生徒は,先生の発声のあとに続いて大きな声で練習しました。
 後半は,数の数え方と通貨の単位を学習しました。そのために,先生は中国の紙幣を持ってきてくださり,中国の紙幣にまつわるエピソードなどもお話いただきました。その後,1~10までの数を繰り返し練習し,最後には,「いくらですか?」「10元です」という会話もできるようになりました。
 次回の講座は10月13日です。生徒には,今後も積極的に取り組んでほしいと思います。
 
 発声の練習をしました 先生が中国の古い紙幣を持ってきてくださいました 中国の紙幣にまつわるエピソードを伺いました
 
 生徒ひとりひとりに、発声のアドバイスをいただきました 1~10までを繰り返し練習しました 自分の名前の中国語読みを教わりました

2011/7/20 第2回中国語講座

講座の様子第2回中国語講座を実施しました


 7月20日,第2回中国語講座を行いました。
 前回の復習から始まり,中国語の映画で早口言葉を聞きました。参加している生徒たちは,少しでも何を言っているのか聞き取ろうと熱心に映画を見ていました。その後標準語と広東語についてのお話や,四声と6つの発音の復習をして,第2回目の講座は終了となりました。
 今回は3年生1名,2年生7名に加えて1年生3名が受講しました。多くのことに興味を持って,広い知識や学力を身につけて欲しいと思います。

映画を見ました今回から参加した1年生は,先輩たちについていこうと必死です意欲的に取り組んでいました

2011/7/13 第1回中国語講座

講座の様子第1回中国語講座を実施しました


 7月13日,第1回中国語講座を行いました。今回は3年生1名,2年生7名が参加しました。
 第1回目ということで,中国語を学習するに当たって基本となる四声(声調),中国語の母音の発音を学習しました。基本を教えていただいたところで,自分の名前の中国語読み,さらに,名前を呼ばれたときの返事の仕方を教わりました。
 参加した生徒の中には,昨年度の海外(中国)研修に参加して,英語や中国語等の語学の重要性を感じ,さらに詳しく学びたいという意欲的な生徒も見られました。コミュニケーションツールとして多くの言語を話すことができるということは,将来の可能性を広げるスキルになるでしょう。多くのことを吸収して欲しいと思います。

発言も多く,楽しそうに講義を受けていました名前の中国語読みを教わりましたこれからもしっかり頑張って欲しいと思います

2010/11/25 目指せスペシャリスト in 虎ノ門 ~専門校構成による成果発表~

情報理数科の展示の様子文部科学省で情報科での学びの成果を発表しました


 11月24日(水),文部科学省主催の専門学科による成果発表イベントに,全国の情報科の代表として参加してきました。
 このイベントは,「目指せスペシャリスト in 虎ノ門 ~専門高校生による成果発表~」というタイトルで,文部科学省の旧庁舎にある「情報ひろば」で行われました。

 会場では,農業科,商業科,水産科などの家庭科の学校からのジャム・ハム・缶詰などの販売や,専門学科の紹介ビデオの上映,パネル展示が行われました。また,本校を含む各学科からの代表校5校による展示・実演も行われ,それぞれの専門学科で学習している専門的な学びやその成果を発表しました。たくさんの方々が熱心に柏の葉高校の情報理数科の取組についてお話しを聞いてくださいました。大学・企業・地域との連携による取組や,生徒の展示・発表について,お褒めの言葉もいただきました。

 多数の文部科学省関係の方々が見学される中,髙木義明文部科学大臣も国会の委員会が終わってから見学に来ていただきました。本校の展示も見学され,3年生が課題研究で取り組んでいる「仮想三次元空間でのコミュニケーションの研究」や,プログラミング講座の生徒作品,ロボット講座のロボットの実演などを見学していただきました。

 その後,大臣室を訪問し,文部科学大臣と一緒に記念写真を撮影しました。その際,これからも頑張ってくださいと,励ましのお言葉もいただきました。とても緊張しましたが,このような機会はめったにあることではないので貴重な体験ができました。

文部科学大臣見学の様子文部科学大臣見学の様子高木文部科学大臣との記念写真

 展示・発表が終わった後,最後に文部科学省の職員の方が,3階にある「情報ひろば」の見学を案内してくださいました。情報ひろばは,登録有形文化財となっている旧文部省庁舎を活用して整備されているもので,旧大臣室(昭和8年当時の様子)が再現されていたり,文部科学省が管轄している教育・科学・スポーツ・文化の分野の昔から今にかけての様子が展示されたりしています。説明してくださった方のユーモア溢れる説明を聞きながら,楽しく見学することができました。

 一日があっという間に過ぎてしまうほど,充実した時間を過ごすことができました。他の学校に負けないように,これからも専門学科ならではの学びを充実させていきたいと思います。

文部科学省旧庁舎準備の様子展示の様子文部科学省職員の方に課題研究の成果を説明文部科学省職員の方に課題研究の成果を説明文部科学省職員の方にロボット講座の成果を説明昭和8年当時の文部科学大臣室の様子情報ひろばの展示の様子1950年代の文房具の展示スポーツに関する展示科学に関する展示文化に関する展示