教育課程(カリキュラム)中学生の方へ宿泊研修・セミナー学科祭・研究発表会進路実績進路指導・キャリア教育外部イベント・体験活動大学・企業連携海外研修予約の要らない美術展過去のお知らせ情報理数科カレンダー高等学校産業教育フェア教育課程研究指定校事業アクセス

LiveE!気象センサー

あなたは793286人目です
千葉県立柏の葉高等学校千葉県立柏の葉高等学校
(ちばけんりつかしわのはこうとうがっこう)
 
〒277-0882
千葉県柏市柏の葉6−1
(地図powered by Google)
アクセス・周辺情報
TEL:04-7132-7521
FAX:04-7133-2435

※このWebサイトに関するリンク・ご質問等は、メールでお知らせください。

柏の葉高校サイトもご覧ください。

Google


WWW を検索
情報理数科サイトを検索

ログインは右上の「ログイン」からどうぞ!
本サイトは柏の葉高校情報理数科のサイトです。
柏の葉高校のサイトもご覧ください。

2009/12/15 校内発表会

校内発表会はこちら。

校内発表会を行いました


 12/15(火)放課後に「校内発表会」を行いました。
これは,情報理数科の日々の学習の成果を,同じ学校の先生方や普通科の生徒にも広く知ってもらおうと生徒が企画したもので,情報理数科で初めての試みです。

 発表内容は以下の通りです。

≪3年生 プレゼンテーション≫
 ・情報理数科の活動紹介
 ・食物の食べ合わせと消化

≪2・3年生 ポスターセッション発表内容≫
 ・フリーソフトを利用したCG作成
 ・誰にでも利用可能な使いやすいWebページ調査
 ・四葉のクローバーができるメカニズム
 ・粉塵爆発
 ・ミズカビの観察
 ・運動神経の仕組みとその向上方法について
 ・バイオエタノールを生成する
 ・酵素入り洗剤を用いたプロトプラスト単離についての研究

≪2年生≫
 ・風力発電(風車)「貞丸」の展示
   (日本大学理工学部「第2回風力発電コンペ」優秀賞受賞作品)

≪1年生≫
 ・プログラミング作品の展示・発表
 ・ロボットの展示・実演

 学年によって放課になる時間が違ったため,最初は,2・3年生によるポスターセッションから始まりました。たくさんの先生方が見に来て下さって、生徒たちの説明にも熱が入ります。

四葉のクローバーができるメカニズム 誰にでも利用可能な使いやすいWebページ調査 ミズカビの観察
フリーソフトを利用したCG作成 食物の食べ合わせと消化 粉塵爆発
運動神経の仕組みとその向上方法について 酵素入り洗剤を用いたプロトプラスト単離についての研究 バイオエタノールを生成する

 11:30からは,3年生によるプレゼンテーション発表です。
 先日の情報理数科祭でプレゼンテーション最優秀賞をとった発表とあわせて,今回は,情報理数科の活動についてのプレゼンテーション発表も行いました。プレゼンテーション後には、研究についてアドバイスをくださる先生もいらっしゃいました。

情報理数科の今年の活動紹介 食物の食べ合わせと消化 プレゼンテーションの後にアドバイスをいただきました

 11:50頃には,1年生も加わりました。(1年生だけ4時間授業だったため)
 情報理数科祭では,授業や課外活動の様子をポスター発表たことはありますが,今回は自分たちの作品発表です。「ロボット講座」のメンバーからはロボットの展示と実演が,「プログラミング講座」のメンバーからは,実際に作成した様々なゲームの発表・体験がありました。多くの先生や生徒が,ゲームを体験していってくれました。

ロボット展示1 ロボット展示実演2 1年生の発表全体の様子
プログラム作品1 プログラム作品2 プログラム作品3
プログラム作品4 プログラム作品5 教頭先生も体験中
伊藤先生も体験中 デジタルウクレレです。 教頭先生に説明をしています

 小1時間ほどの校内発表は,無事に終了しました。終了後は,速やかに撤収し,掃除もきちんと行います。片付いた後は,情報理数科運営委員がお昼を食べながら反省会を行っていました。

先生方への案内状 片付けもきっちりと。 運営委員反省会の様子
 学期末試験などで時間がない中,少しの時間でも集まって打合せをし,1~3年生が相談し合いながら準備をしてきました。また,各教室に運営委員がポスターを貼ってまわったり,先生方ひとりひとりに案内状(手書きのお手紙つき)を配るなど,生徒たちならではのきめ細やかな工夫もみられました。今回初めて の生徒によるイベントでしたが,また来年以降も後輩たちが引き継いでいってくれるとよいと思います。
 このような生徒たちの努力を1つの機会として,少しずつでも情報理数科の活動を校内のみなさんに知っていっていただければと思います。見に来て下さった先生方,生徒のみなさん,本当にありがとうございました。