教育課程(カリキュラム)中学生の方へ宿泊研修・セミナー学科祭・研究発表会進路実績進路指導・キャリア教育外部イベント・体験活動大学・企業連携海外研修予約の要らない美術展過去のお知らせ情報理数科カレンダー高等学校産業教育フェア教育課程研究指定校事業アクセス

LiveE!気象センサー

あなたは793376人目です
千葉県立柏の葉高等学校千葉県立柏の葉高等学校
(ちばけんりつかしわのはこうとうがっこう)
 
〒277-0882
千葉県柏市柏の葉6−1
(地図powered by Google)
アクセス・周辺情報
TEL:04-7132-7521
FAX:04-7133-2435

※このWebサイトに関するリンク・ご質問等は、メールでお知らせください。

柏の葉高校サイトもご覧ください。

Google


WWW を検索
情報理数科サイトを検索

ログインは右上の「ログイン」からどうぞ!
本サイトは柏の葉高校情報理数科のサイトです。
柏の葉高校のサイトもご覧ください。

海外研修


情報理数科では,平成22年度・平成23年度に5泊6日の海外(中国)研修を実施しました。

国際化,情報化の時代に対応する人材の育成を目指し,中国最先端の情報関連学部を持つ大学とその付属中学校(日本の高等学校にあたる)を訪問・体験しました。

このような活動を通して,アジアをはじめとしたグローバルな視点をもって活躍できる人材の育成を目指します。

このページでは,その取組の一部を紹介します。

2012/3/27

3月27日 中国研修5日目

今日は,8:00に集合して西北大学に向かいました。
朝,道路脇に出ている屋台の朝食が食べたいと言うことで,希望者で7:00に集合して買いに行きました。

西北大学では,先生が迎えに来てくれて,9:00過ぎから授業までの間,大学内を少し見学させていただきました。

10:00からの授業で,日本語を学んでいる学生19名との交流会を行いました。
交流会では,大学生の1名が日本語で司会をしながら,
・引率の先生の挨拶
・高校生の自己紹介
・大学生の自己紹介
・大学生から出し物(日本語の歌と中国語の歌)
・高校生から出し物(校歌)
・4グループに分かれての交流会
を実施しました。

12:00に授業は終了し,その後昼食のために西北工業大学の近くまで戻りました。

昼食後,ソフトウェアパーク見学のために移動しました。
14:40くらいから,日本人が社長という会社の様子を見せていただきました。
今日は,10人弱ぐらいが仕事をされていました。(18名社員がいるということでした)
日本人が社長で,岐阜に本社があるそうです。本社は200名程度の規模で,その中国支社になるそうです。
中国に工場のある日本企業のための生産管理システム等のソフトウェアを開発しているそうです。
仕事上の決済は,全て「円」で行っているそうで,給料も「円」でもらうのだそうです。

15:40くらいから,賽格電子市場というところへ行きました。
男子たちは,それぞれマウスやモバイルバッテリー等を購入していました。

その後,17:45くらいから,回族の街でのグループ行動を行いました。



2012/3/26

3月26日 中国研修4日目


昨年度からお世話になっている日本語教師の先生も,通訳として来てくれました。

大学の紹介などを経て,大学生と生徒との交流会を行いました。
その後,大学の施設見学と,大学の歴史を展示している場所の見学を行った後,歓迎昼食会となりました。

午後は,大学院の授業を50分見学した後に,大学の学生が作成してコンテスト等で
賞をもらった作品が展示してあるところを見学しました。

その後の時間は,大学生とのグループ行動です。
それぞれバスやタクシーを使って市内をグループで見学しました。

グループ行動後,スーパーの前に18:00に待ち合わせをして,すぐ近くのレストランで
夕食をとりました。

夕食後はいつものとおりスーパーに買い出しに行って解散しました。


2012/3/25

3月25日 中国研修3日目

【西安市街地周辺史跡見学】

今朝は8:00にホテルロビーに集合して,まずは城壁の見学に向かいました。

西安の城壁は唐・隋の時代のものをもとに明代の1378年に造られたそうです。
周囲の長さは約13.8km,現在中国で完全に残る唯一の城壁です。
西門の「安定門」というところから見学に登りました。
この門は西安の城壁で最大の門で,シルクロードの発着点となったものだそうです。



次に,陝西省歴史博物館を見学しました。
西安大雁塔の西北側にあり,1991年6月に開館した,中国の一番最初の近代的な大型博物館です。
周・秦・漢・唐の時代を中心とし,先史時代から清代までのいろいろなものが約37万点も所蔵されています。




見学後は,徒歩でお茶屋さんに行きました。国立のお茶のお店ということでした。
何種類かの地元のお茶を上手に淹れて,試飲させてもらいました。
お茶によって香りも味も違うのはもちろんですが,飲み終わってからの後味が最初と全く異なるお茶もあり,その奥深さを知りました。


昼食後は,大雁塔と小雁塔を見学しました。

大雁塔は,652年に唐の高僧がインドから持ち帰った経典や仏像などを保存するために立てられたものだそうです。
7層で,60mちょっとの高さがあります。近年の地下水の汲み上げによって,西よりに少し傾いているそうです。
中に階段があり,一番上まで登って,西安の街の東西南北の方向を眺めました。
方向によって,開発されている様子がだいぶ違うのがよくわかりました。


小雁塔は,13層で43mほどの高さがあります。
同じ敷地内に西安博物院というものがあり,こちらも見学しました。2007年にできた新しい博物館のようです。


今日はとても天気が良く,朝は少し冷えましたが,日中の最高気温は21度を越えていたようでした。
バスの中では汗をかくほどでした。

夕食は「火鍋」でした。日本で言うしゃぶしゃぶのようなものです。
お肉や野菜を鍋で火をとおしてから,タレにつけていただきます。
タレは,醤油ベースのものやごまベースのものがありましたが,醤油ベースといっても日本とは少し味が違います。
ネギや香菜(シァンツァイ)という薬味と一緒にいただきました。


寮に戻ってからは,今晩もスーパーに買い出しに行きました。


2012/3/24

3月24日 中国研修2日目 西安市郊外の史跡見学

朝6時にホテルをバスで出発して,上海空港に向かいます。
昨晩はみんな寝た時間が遅かったので疲れていましたが,まだ2日目なので頑張ってバスに乗り込みました。
約30分ほどで空港に到着した後,振り返られた飛行機のチェックインです。
しかし,たまたま不慣れな研修中の担当者にあたってしまったため,チェックインにかなりの時間がかかってしまいました。出発時間まで余り時間がないので,急いで保安検査場へ向かいました。


飛行機へはバスで移動です。バスから降りて飛行機に乗り込みました。

西安の空港では,現地のガイドさんが「千葉県立柏の葉高等学校ご一行様」というプレートを持って待っていてくれました。
到着が1日遅れたこともあり,早速バスに乗り込んで直接昼食・見学に向かいます。


兵馬俑博物館の近くのお店でまず昼食をとりました。
お店で人気だという手討ちのラーメンもみんな追加して注文しました。一杯10元(約150円)でした。
レストランの1階にあるおみやげをちょっと見てから,兵馬俑博物館見学に向かいました。


兵馬俑博物館では,兵士及び馬をかたどった多数の貴重な俑が展示されていました。
1987年に世界遺産(文化遺産)に登録されているそうです。


その後,すぐ近くの秦始皇帝陵も見学しました。
以前は,始皇帝陵へあるいて登ることができたのですが,周辺から水銀が検出されたとのことで,現在では入ることができなくなってしまったそうです。
そのため,残念ですが,世界遺産に登録された記念碑の前で写真を撮りました。
歩いている写真の左上にみえる山のようなものが,始皇帝陵です。


バスに乗って移動して,今日最後の見学先である華清池へ向かいました。
ここは温泉地で,秦の始皇帝を始め歴代皇帝の保養地として利用されてきたそうです。
そして,あの絶世の美女といわれる楊貴妃の入ったお風呂というものを見学しました。


今日の見学先は,西安市内から少し離れたところにありましたので,大学の近くに戻って夕食を取りました。そして,予定では朝に入寮するはずだった,留学生寮に行って,部屋を借りました。


かなり盛りだくさんの1日でしたが,最後は近くのスーパーに買い出しです。
かなり広いスーパーで,何でも売っている感じ(イオンみたいな感じ)です。
身の回りの必要なものや,明日の朝食などを購入して寮に戻りました。



2012/3/23

3月23日 中国研修1日目 西安に向けて出発!出発前の集合写真

 今日は1年間の締めくくりの終業式でしたが,中国研修に参加する生徒たちは,すぐに帰宅して,西安に向けて出発です。
 あいにくの雨模様でしたが,成田空港第2ターミナルに,重いスーツケースを引っ張りながらみんな集合しました。
 集合後,旅行取扱業者の方から,航空券のeチケットと,事前に申込をして両替してもらっていた,中国の通貨「元」を渡していただきました。
「1元」は,約「15円」です。中国では,硬貨はほとんど使われないので,両替してもらった「元」はみんな紙幣です。

渡されたチケットとお金を確認した後,この後の流れについて説明してもらいました。
この後は,まず,手荷物を預けます。これでちょっと身軽になれます。

荷物を預けたら,再び集合です。校長先生も見送りに駆けつけてくださいました。


   
この後は,出国手続きです。
保安検査を行います。危険物は持ち込めません。

出国手続きが終わると,そこは日本であって日本でない場所になります。
免税店があり,日本の税金がかからずに買い物ができます。
ここで,欲しかったものをゲットした人も・・・。

どうも,上海での天候が悪く,私たちののる飛行機はまだ成田に
到着していないようです。
16:55出発の予定でしたが,18:30発に変更されています。

中には,FUJIYAMAというショップも。

    

飛行機がかなり遅れてアンラッキーと思っていましたが,
かなり遅れているため,1000円分の食事券が配付されました。
もっと早く教えてくれたら,さっきパンを食べなかったのに。。。

みんなで揃ってレストランで夕食を食べました。

19:05に無事に離陸しました。天候が悪いせいか少し揺れが多い気がします。

しばらく経って,飛行が安定してから,ピーナッツと飲み物が配られました。
飲み物は,コーヒー,お茶,コーラ,スプライト,オレンジジュース,水がありました。

その後,すぐに夕食です。
食事券をもらったので,もしかしたらとも思っていましたが,ちゃんと出ました。

「ビーフ」「フィッシュ」と聞かれて,どちらかを選びます。
メニューは写真のとおりです。
フィッシュの方は,日本食系ですね。
そばが付いていたり,巻きずしもあるみたいです。

   

成田を送れて出発したため,上海の空港に到着したときにはもうすっかり暗くなっていました。当初の行程ですと上海から西安行きの航空機に乗り継ぎをするはずだったのですが,予定変更となり,上海市内のホテルに宿泊して明日の朝に西安に移動することが現地の係の人からアナウンスされました。

 上海空港 乗り継ぎに関する案内
そこで私たちは航空機の手荷物を受け取り,上海市内へ向かうバスに乗り込み,宿泊するホテルまで移動することになりました。

 荷物の受け取り バスで上海市内へ移動

ホテルの方では,わりと良い部屋を割り当ててくれました。4人部屋を3つでしたが,入り口を入ると2階があるような部屋です。かなり遅い時間(現地の23:45頃)でしたが,簡単なお弁当もいただきました。結局,飛行機が遅れたので成田で食べた夕食,飛行機の機内食,ホテルの弁当と夜は3食もいただきました。
本来の行程とは違った形になりましたが無事に1日目の行程が終わりました。


 泊まることになったホテル 上海のホテルの様子

--当初の予定--
 14:30 成田空港に集合
 16:55 中国東方航空(MU522)にて上海経由で西安へ
 23:45 西安咸陽国際空港到着,市内ホテルチェックイン
 宿泊先は虹陽商務酒店

PAGE COUNTER Since 2011/5/143659