教育課程(カリキュラム)中学生の方へ宿泊研修・セミナー学科祭・研究発表会進路実績進路指導・キャリア教育外部イベント・体験活動大学・企業連携
遠隔講義情報教育研究フォーラムプログラミング講座(SPP講座)ロボット講座(SPP講座)気象センサー講座(SPP講座)統計的問題解決講座(SPP講座)植物工場講座(SPP講座)大学・地域連携大学見学大学とのネットワーク未来の科学者養成講座大学院生との連携
海外研修予約の要らない美術展過去のお知らせ情報理数科カレンダー高等学校産業教育フェア教育課程研究指定校事業アクセス

LiveE!気象センサー

あなたは779023人目です
千葉県立柏の葉高等学校千葉県立柏の葉高等学校
(ちばけんりつかしわのはこうとうがっこう)
 
〒277-0882
千葉県柏市柏の葉6−1
(地図powered by Google)
アクセス・周辺情報
TEL:04-7132-7521
FAX:04-7133-2435

※このWebサイトに関するリンク・ご質問等は、メールでお知らせください。

柏の葉高校サイトもご覧ください。

Google


WWW を検索
情報理数科サイトを検索

ログインは右上の「ログイン」からどうぞ!
本サイトは柏の葉高校情報理数科のサイトです。
柏の葉高校のサイトもご覧ください。

平成24年度 大学・地域連携

平成24年度の活動の様子を紹介しています。

>>平成25年度の様子はH25年度の活動・様子のページをご覧ください
>>平成23年度の様子はH23年度の活動・様子のページをご覧ください
>>平成22年度の様子はH22年度の活動・様子のページをご覧ください
>>平成21年度の様子はH21年度の活動・様子のページをご覧ください

2013/3/6 プレゼンテーションに関する特別授業

プレゼンテーションに関する特別授業

 3月6日,情報理数科1年生を対象に,プレゼンテーションに関する特別授業を実施しました。講師には,外資系IT企業で長年ご活躍された坂本憲志氏をお招きしました。
 最初に,時計や手旗信号,手話や点字等を例に挙げながら「つたえるということ」をテーマにお話いただきました。中でも重要なことは,「相手が理解できる言葉で伝えること」ということでした。専門用語を多用するのではなく,自分の意見や主張を相手に理解してもらうことが大切であると教わりました。他にも,論理立てや表現の仕方,質問対策等のポイントをわかりやすく説明していただきました。
「つたえるということ」をテーマにお話いただきましたわかりやすくポイントを教えていただきましたクラス代表でプレゼンテーションをする様子

2013/1/28 特別授業「PC解剖実習(ソフトウェア編:2)」

特別授業「PC解剖実習(ソフトウェア編:2)」講義の様子

 1月28日,先週に引き続き日本大学理工学部の高橋先生にお越しいただき,「PC解剖実習(ソフトウェア編:2)」を実施しました。
 今回はプログラムについて考えるということで講義をしていただきました。初めに,コンピュータの中身についての説明がありました。マザーボードはメモリとCPUが乗っているということやそれぞれの役割について教えていただきました。入学後,授業で行ったパソコン組立実習や,9月に日本大学理工学部で行ったPC解剖実習(ハードウェア編)で,コンピュータの中身を実際に見ている生徒たちは,教わったことを整理しながら先生のお話を聞いているようでした。
前回の復習と今回の内容について説明していただきましたマザーボードについての説明を聞いています学校のパソコンのCPUも確認しました
 最後に,大学で行っている研究や新しくできる日本大学理工学部応用情報工学科で学ぶ内容についても説明していただくことができ,生徒たちも興味を持って聞いていました。
プログラム言語について説明していただきました
動画で分かりやすく説明してくださいましたアセンブリ言語についても学びました大学での学びについても教えていただきました

2013/1/21 特別授業「PC解剖実習(ソフトウェア編:1)」

特別授業「PC解剖実習(ソフトウェア編:1)」講座の様子

 1月21日,日本大学理工学部の高橋先生をお招きし,1年生を対象にソフトウェアについて学びました。この特別授業は9月に日本大学理工学部で行った「PC解剖実習(ハードウェア編)」の続きです。
 はじめに,普段使っているパソコンの内部で,データは0と1の2進数で処理されているということを説明していただきました。文字や音声,静止画,動画も2進数によってデジタル化されていることを改めて理解しました。
今日の授業ないようについて説明していただきました
メモを取りながら話を聞いています
2進数と16進数についても丁寧に説明していただきました
 そして,今まで説明していただいたことを実際に見て確認するために,実習では「バイナリエディタ」という各種のデータを16進数で見ることや編集することが可能なソフトウェアを使い,メモ帳で各自が入力した文字やペイントで描いた絵がどのようなデータとして保存されているかを実際に見ました。1文字1文字コードが決まっていることを,文字データをバイナリエディタで見て確認し,その後,直接文字コードを入力することで自分の名前をアルファベットで表示させ,ファイルに保存しました。次に,ペイントでキャンバスを真っ黒に塗ったものを,バイナリエディタで確認しました。すべて0という16進数で表現されていることを確認して,何箇所かFに変更してみました。それから画像を開くと,真っ黒だった画像に白い線が入った画像に変化しました。
今日使うソフトウェアですテキストデータはこのように16進数で表示されます興味を持って実習に取り組んでいました画像についても説明をしてくださいました
 今日の実習を通して,パソコンの内部データがどのように扱われているかを実際に見て学ぶことができ,理解が深まったようでした。
 ソフトウェア編の2回目は1月28日に行います。

2012/9/28 「大学での研究と実験手法」に関する講義

2012/6/25 「アルゴリズム」特別授業

「アルゴリズム」特別授業を実施しました授業の様子

 6月25日,2年生の「アルゴリズム」という授業で,NECより大山さまを講師にお招きして,特別授業を行いました。
 これは,ソフトウェア開発の経験がある企業の方からの指導をとおして,アルゴリズムの基本について理解を深めさせるとともに,ソフトウェア開発の仕事に対する見識を広めることを目的に行っているもので,今年度で3回目となります。

 はじめに,「アルゴリズム」とは何かを学びました。アルゴリズムとは,広義では物事の段取りを記述したもので,コンピュータの世界では,動作手順を記述したものだということ,その動作は命令と並び順で決まるということを説明していただきました。
アルゴリズムとは何か,説明していただきました自動販売機でジュースを買う時の手順を確認しています動作手順を意識するようになってきました

星型のにんじんを30個作る最短手順は?相談しながら答えを探します答え合わせをしています
 そして,ここまでの内容をより理解できるように,JEITA(一般社団法人電子情報技術産業協会)がインターネット上で公開している『アルゴロジック2』というアルゴリズム体験ソフトを利用しての学習に取り組みました。『アルゴロジック2』
は,プログラミングの基本となる論理思考(アルゴリズム)をゲーム感覚で習得するための課題解決型ソフトです。プログラミング経験がまったくなくても楽しくプログラミングをするための考え方を知ることができます。プログラミングの経験があまりない生徒は,言葉での説明では漠然としか理解できない様子でしたが,
『アルゴロジック2』を体験することで,その意味を理解していたようでした。
『アルゴロジック2』での実習ソフトの使い方を説明していただいています最初は簡単な問題から始まりました少しずつ難しくなってきました真剣に問題に取り組んでいました
講師の先生が今までされてきた研究・開発についてお話していただきました良い刺激を受けました真剣に聞いていました

2012/6/7 近隣研究施設見学 東葛テクノプラザ・東大柏ベンチャープラザ

近隣研究施設見学(東葛テクノプラザ・東大柏ベンチャープラザ)を実施しました

 6月7日の放課後,近隣研究施設見学会を行い,東葛テクノプラザと東大柏ベンチャープラザを訪問しました。梅雨入り直前の晴天の中,15名の生徒が参加しました。
 まず,東葛テクノプラザでは,電波暗室,X線断層撮影装置,走査型電子顕微鏡を見学させていただきました。電波暗室は,製品として市場に出す前にどれほどの電波に耐えられるかテストをする部屋です。卓上ライトを用いてテストの様子を再現していただきました。X線断層撮影装置では,X線の量を変化させながら説明していただき,空港のX線検査について質問をした生徒がいました。また,走査型電子顕微鏡では白の塗料と青の塗料を10万倍まで拡大して比較させていただきました。
見学日は天気の良い日でした施設の概要を伺いました走査型電子顕微鏡を見せていただきました
   絵の具の粒子を見ることができました  電波暗室です  電波の影響を調べています  X線断層撮影装置です  例として置時計の中の構造などを見せていただきました

 次に,東大柏ベンチャープラザでは,アドバンスト・ソフトマテリアルズ株式会社,株式会社Biomaterial in Tokyo,株式会社二葉科学の研究施設を見学させていただきました。それぞれの会社の方が,原材料,パネル,製品などを用いてわかりやすく説明していただきました。最先端の研究をされている方々の姿を拝見することができ,生徒たちは将来の自分を思い描いて目を輝かせていました。
アドバンスト・ソフトマテリアルズ株式会社を見学しました開発された特殊な塗料は携帯電話の表面に使われていますいろいろな装置を見せていただきました株式会社Biomaterial in Tokyoを見学しました
 

2012/6/6 近隣研究施設見学 東京大学柏キャンパス

近隣研究施設見学(東京大学)を実施しました東京大学柏キャンパス

 6月6日,今週は三者面談期間のため,5時間の短縮授業でした。そこで,放課後の時間を利用し,第2回の近隣研究施設見学を行いました。柏の葉地区には,東京大学をはじめ,千葉大学や東葛テクノプラザなどの高等教育機関や研究機関が数多くあり,研究施設見学などを盛んに行っています。今回はその一環として,東京大学柏キャンパスを見学しました。
ここで講義を受けました東京大学の概要について講義していただきましたメモを取りながら講義を受けていました
 国内有数の最先端研究施設を前に,生徒たちは絶えず驚嘆の声をあげていました。大気海洋研究所では,サメなどの普段見られない魚類の飼育施設を見学させていただきました。物性研究所低温液化室では,液体窒素を使った実験を体験しました。柏図書館の自動書庫システムを見学したときには,本の入ったラックが自動で運ばれてくる様子に,みな驚いていました。
飼育室トラザメの稚魚を観察しています近距離でたくさんの生物を観察できました観測機器を見せていただきました実際に使われている機器を間近で見せていただきました低温液化室へ向かいます液化窒素を用いた実験を体験させていただきました息を液化窒素に入れるとどうなるか,という実験です柏図書館たくさんの本がありました明るく開放的な図書館でした検索システムで本を検索すると・・・この自動化書庫から・・・本が運ばれてきます!
 

2012/6/5 近隣研究施設見学 千葉大学環境健康フィールド科学センター

近隣研究施設見学(千葉大学)を実施しました施設漢学の様子

 6月5日,近隣研究施設見学の第1回として,千葉大学環境健康フィールド科学センターの見学を行いました。(第2回は6月6日に東京大学柏キャンパス,第3回は6月7日に東葛テクノプラザ・東大柏ベンチャープラザを見学します。)これは,柏の葉高校の恵まれた立地を生かし,生徒たちが地域にある大学や研究施設の見学をとおして,大学や各研究機関への理解を深め,将来の進路を考えることを目的に実施しています。
講義の様子伝統医学の観点から健康について学びましたメモを取りながら親権に講義を受けていました
 今回は,15名の生徒が参加しました。はじめに池上教授から「食と緑と健康」につしてご講義いただき,伝統医学の視点から,食と健康の在り方について学びました。また,古くから自然環境が人間の健康促進に深く関係していたことを学び,健康とは何か,健康の基本とは何かということについて考えを深めました。
 講義の後,施設内の果樹園,薬草園,温室,圃場等の見学をさせていただきました。生徒たちは好奇心いっぱいに施設や花や木,薬草を見たり,触れたり,口にしたりすることで,五感を通じて自然を体感していたようでした。また,先生に積極的に質問をし,意欲的に学習に取り組む姿も見られました。
これからキャンパス内の見学です果樹園見学の様子植物工場についてもお話を伺うことができました植物工場建物積極的に質問をしていました真剣に先生の話を聞いていました薬草園を見学しましたたくさんの植物に触れることができました興味津々ですありがとうございました